ブラック・カフェ

新聞メディアにブラック・カフェの記事掲載
 
神奈川新聞社のカナロコが記事にしてくれました。

2015年11月25日(水) カナロコ 「現代の課題をシュールに 京浜協同劇団が27日から55周年公演 簡宿火災、貧困・・・地元の話題交え」

詳細は ここから

護柔が婆ちゃん演ってる稽古の写真=日進町ゴジバの一コマ。

82歳の若菜ときこさん(左)も健在。女優魂発揮して頑張っています。

20代の若者たちの応援客演を得て、連日爆笑の客席(?) オモシロイけどぞっとしたなどのアンケートが寄せられています。

 

・11月5日(木) 毎日新聞 神奈川版  詳細はニュースサイト毎日新聞へ ここから

「京浜協同劇団:憲法、原発、簡易宿泊所火災…現代の問題ブラックに 川崎で27日からオムニバス劇」 

・11月7日(土) 朝日新聞 神奈川版  詳細は朝日新聞デジタルへ ここから

「川崎で55年 京浜協同劇団、最後の記念公演へ」 

 

制作ニュース

ブラックカフェにようこそ 今の話題をブラックコメディで 京浜協同劇団55周年記念公演 第3弾 第89回公演

PDF版ダウンロード ここから

 

超オモシロいですよー、今回は。

京浜協同劇団 和田 庸子

「あの劇団」がこんなドタバタ演劇をやるのか?と、目と耳を疑わないでくださいね。メニュー 6作品を取りそろえ、演劇大好きな若者たちの力も借りて一挙上演いたします。

満を持して、稽古が始まりました。 タイトルが「ブラック・カフェ」なんですけど、稽古日程も超ブラック短期決戦。何しろ、6作品に劇団員は 20人そこそこ。大小二つの稽古場と事務所も稽古場に変身させ、同時 3発稽古の真っ最中です。

公演の発端は、いたってシンプル。「ナチスドイツの時代に劇作家ブレヒトが書いたオムニバス劇『第三帝国の恐怖と貧困』のような作品をやろう」オムニバスとは、独立したいくつかの作品をひとつの公演にまとめたもの。一つ一つが短い作品なら、皆で書いて作り上げようよ……。なーんちゃって始めてはみたものの、これがなかなか……。行きついた先が今回の「ブラック・カフェ」です。ところがこれ、ひょうたんから駒、「歩」をひっくり返せば「金」になる、かもしれません。

「日進町ゴジバ」は今年 5月、川崎の簡易宿泊所の火災(11名が命を失いました)を背景にゴシップ好きなご近所のおばあちゃんたちと、死者とその娘の哀歓が交じった作品です。ゴジバって聞き慣れないでしょう?それは見てのお楽しみ。

「生活相談室」は生活保護(制度)を考えるブラックユーモアの世界。

「耳を澄ませば」は都会(国会議事堂の地下)に住むモグラと、田舎(福島)のモグラのかけあい漫才。

「最後の授業」は憲法「改正」問題をシリアスに、「レンタルショップ」は実は……とお伝えしたいのはヤマヤマなんですが、がまん我慢、このあたりでやめておきましょう。だって、どうしても「ブラック・カフェ」においでいただきたいんですもの。全部お話してしまっては、ネ……。

創立 55周年、京浜協同劇団が心をこめて贈る「ブラック・カフェ 日本の恐怖と貧困」ごゆるりとお楽しみいただけますよう、開演まで今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

ブラック カフェ - 日本の恐怖と貧困  -

公演終了しました! ありがとうございました。

それは、

日々の暮らしの中に

音もなく静かにやって来る。

ひっそりとやって来て

いつのまにか、世界を変えてしまう。

ほら、あなたの目の前に・・・・・・

 
京浜協同劇団 創立55周年記念第3弾 第89公演
総合演出=藤井康雄

ブラック カフェ - 日本の恐怖と貧困  - 京浜協同劇団 創立55周年記念第3弾 第89公演  総合演出=藤井康雄

ブラック カフェ - 日本の恐怖と貧困  - 京浜協同劇団 創立55周年記念第3弾 第89公演  総合演出=藤井康雄

PDF版公演パンフレット ダウンロード >> ここから

会場:スペース京浜(京浜協同劇団) マップ >> ここから

平成27年神奈川県演劇フェスティバル参加作品(主催=神奈川県演劇連盟 / 神奈川県文化芸術団体事業助成事業 / 後援=(公財)神奈川芸術文化財団)